太陽光発電システム・蓄電池設置・保守メンテナンス

太陽光発電システム・蓄電池設置・保守メンテナンス

太陽光発電システム
蓄電池設置
保守メンテナンス

太陽光発電システム

太陽光発電システム

ご家庭で使用する電気代、「太陽光発電」でグッ!と減ります。

ご家庭で使用する電気代、「太陽光発電」でグッ!と減ります。

太陽の光エネルギーを電気に変え、ご家庭で優先的に使うことができるソーラー発電。
お昼間太陽がサンサンと照っている間は、このシステムでテレビや冷蔵庫、エアコンなどの電化製品を動かすことができます。

使っている電気の量よりも、発電している電気の量が多ければ、その間の電気代は基本的には無料です。特別なことは何もせず、気軽に創エネルギーができ、エコな暮らしがはじめられるのです。

余った電力は、電力会社に売ることができます。

余った電力は、電力会社に売ることができます。

電気を自給自足といっても太陽が出ていない夜などは、従来どおり電力会社から電気を買うので、電力会社ともつながっています。昼間に発電し、余った電気は電力会社に売ることができます。

売る電気と買う電気のやり取りは自動的に行われ、特別な操作は要りません。月単位で買った分の電気代は電力会社に支払い、売った分の電力料金はお客様の銀行口座に振り込まれるカタチが一般的です。

昼間は売電・夜間はおやすみ・朝は買電

太陽光発電システム

太陽光発電システム
1. 太陽電池モジュール

太陽光のエネルギーから、直接電力を発電します。

2. 接続箱

太陽電池からの配線をまとめて、パワーコンディショナに送ります。

3. パワーコンディショナー

太陽電池からの配線をまとめて、パワーコンディショナに送ります。

4. 室内分電盤

パワーコンディショナから電力を家庭用に分配します。

5. 電力量計

売る電力と、買う電力を測ります。

停電のときはどうする?

停電のときはどうする?

停電時でも、太陽電池モジュールが発電できる状態であれば、パワーコンディショナの「自立運転」モードに切り替えることで、システム専用コンセントを使ってAC100V(最大1.5KWまで)が利用できるシステムもあります。

「自立運転」モードを使用するには、専用コンセントの取り付けが必要です。(停電時には、ご家庭のコンセントは使用出来ません。)

  • 対応モデル、および「自立運転モード」への切り替え方法等の詳細については、弊社へお問い合せください。
  • 自立運転時に電力を使用できるのは、太陽電池が発電している昼間だけです。
  • 自立運転モードは、停電時の非常用電源としてお使いいただくための機能です。停電が回復したときは、通常の連携運転モードに切り替えてください。
  • 長時間にわたる停電の場合、サービス点検による自立運転設定を必要とする場合があります。

蓄電池設置

発電した電気と、ためた電気を有効活用できるクラウド蓄電池

発電した電気と、ためた電気を有効活用できるクラウド蓄電池
POINT

POINT 1
太陽光発電と組み合わせで電気代を節約

POINT 2
停電時は貯めた電気を使えるから安心

POINT 3
システム容量や設置場所に合わせて選べる

太陽光発電プラス蓄電池で、電気を有効に使えます

売電しながら節約、家計をサポート

太陽光発電で余った電力は売電し、夜間の割安な電力を蓄電。ためた電力は、発電量の少ない朝夕などの時間帯に使用できるので、割高な電力の購入を抑えることができます。このシステムはダブル発電にはならないので、太陽光発電のみの場合と同じ余剰電力買取価格がそのまま適用されます。

【CHECK!】
その時々の状況によって売電量がセーブされることがありますが、蓄電システムを設置することで売電できなかった電力を逃さずチャージすることができます。

太陽光発電プラス蓄電池で、電気を有効に使えます

※上記は経済性モード動作時のイメージです。電気料金はご契約プランによって異なります。時間は設定により異なります。

日中はつくった電気を、夜は蓄えた電気を使用します

太陽光発電システムで発電しながら、余った電力を蓄電します。夜は蓄電池から電力供給を行い、テレビや照明など接続した機器を一定時間使用することができます。

【CHECK!】
「使う」「ためる」を同時に行うことができ、電力の発電量と使用量の差で生じるエネルギーロスをなくします。

通常時・停電時
安全性を高めたシステム設計・蓄電池セルを用いた長寿命設計・安心のアフターサービス

安全性を高めたシステム設計
電極材料はリン酸鉄リチウム使用。異常発生時は自動停止

蓄電池セルを用いた長寿命設計
約12,000回の充放電を繰り返しても、約70%の容量を維持

安心のアフターサービス
システム構成機器と充電可能容量長期保証 ※詳細は別途ご確認ください

蓄電池システムのコンパクトモデル

それぞれのご家庭に適した発電量、サイズそして環境にも適したタイプのシステムを導入・設置することができます。

スタンダードタイプ

スタンダードタイプ

従来機よりさらに小さくスマートになった、置き場所にも困らない屋外・屋内兼用タイプです。

大容量タイプ

大容量タイプ

従来の2台設置タイプと比べ、省スペースでスッキリ1台で設置できます。

屋内専用タイプ

屋内専用タイプ

収納スペースなど家の中のちょっとした空きスペースに設置できます。

引用元:SHARP住宅用エネルギーソリューションシステム様 2016-8総合カタログより

保守メンテナンス

電気の「使う」「ためる」「買う」を賢くコントロール

電気の「使う」「ためる」「買う」を賢くコントロール

POINT 1
お客様ご自身でできる、工事不要の簡単設置・設定

POINT 2
家の電気状況をスマートフォンで手軽にチェック

POINT 3
天気予報や警報に合わせて蓄電池を自動制御

節電意識を高めるコンテンツもスマートフォンで

電気料金シミュレーション

電気料金シミュレーション

実際の消費電力量から料金プランを変更した場合の電気代を試算します。
例えば、家族構成の変化などで電気の使い方が変わったときなどに、どの料金プランが適しているかがわかります。

※このシミュレーション結果はあくまで参考値であり、契約している電力会社からの実際の請求額とは異なります。
契約プランは頻繁に変更できない場合があります。

節電応援アドバイス

効果的な節電に向けて、目標を設定すると必要なタイミングで『へむすくん』からアドバイスをもらえたり、昨日の電気代の情報をお知らせするなど、目標達成をサポートします。

節電応援アドバイス

つながることが増えれば快適性もアップ

ご家庭の電力情報だけでなく、天気や警報などの情報も合わせてコントロール。クラウドHEMSのサポートで、快適な暮らしをそのままに節電することができます。

クラウドHEMS

[蓄電池連携]天気予報を使ってかしこくサポート

停電の不安がある気象警報(大雨、洪水、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)の発令をクラウドHEMSがキャッチして、自動的に充電を開始し停電に備えます。

※当機能のご利用はマルチエネルギーモニタとの連携が必要です。

気象警報発令時

気象警報が発令さたときは、自動的に充電を開始し、停電に備える

気象警報が発令さたときは、自動的に充電を開始し、停電に備える

平常時

天気に合わせて蓄電池の放電時間を自動調整、効果的に蓄電池を使用できる

経済性促進モード

曇りや雨で日中の発電が期待できないときは、放電開始時間を遅らせることで昼間の割高な電力の購入を抑えることができます。
クラウドHEMSがより効率よくクラウド蓄電池を動かし、節約をサポートします。

自産自消モード

晴れの日は、太陽光で発電した電力を蓄電池に充電。昼間に電力を買わなければならない曇りや雨の日は、前日の夜間に蓄電池を充電しておくことで、昼間の割高な電力の購入を抑えます。

引用元:SHARP住宅用エネルギーソリューションシステム様 2016-8総合カタログより