店舗・オフィスリフォーム

店舗・オフィスリフォーム

店舗リフォーム

伸工舎では、戸建て住宅やマンションのリフォーム・リノベーションはもちろん、法人のお客様向けに様々なリフォームも手掛けております。

店舗リフォームを成功させるためには

店舗リフォームを成功させるためには

お客様がまた足を運びたくなるような心地良い居住性や楽しさを膨らませるような、リピーターをUPさせる「店舗」を望まれるオーナー様は多いと思います。

店舗リフォームは、売上アップや新規顧客獲得のチャンスにもなるため、内装や外観をどのようにするか、プランニングが重要になります。

伸工舎では、プランニングを得意としており、お客様の要望を時間をかけてヒアリングし、最適なプランニングとリフォームをご提供いたします。

店舗リフォームのポイント

店舗リフォームを成功させるためには大まかに3つのポイントがあります。

店舗の動線を見直し・再設計する

店舗の動線を見直し・再設計する

お客様が使いやすく、ホスピタリティを具現化した店舗にするためにお客様の動線はもちろんのこと、店舗スタッフが接客を行う際にスムーズに動ける構造を考える必要があります。

お客様、店舗スタッフの動線計画を見直し、再設計することで仕事の効率化を期待できます。

店舗スタッフがどのような動きをしているのかを抽出し、改善が必要な点を探し出すことからスタートしましょう。
伸工舎では動線計画から施工までお客様のご相談にお応えいたします。

お客様の意見を参考にする

お客様の意見を参考にする

お客様にアンケートを取っている方は多くありますが、このアンケートを店舗リフォームに生かすことができます。

店舗スタッフでは気づけなかったお客様目線での意見により、改善点が見つかると思います。
是非、お客様にアンケートを取って店舗リフォームの参考にしましょう。

店舗の照明計画を考える

店舗の照明計画を考える

照明は店舗の印象を決める大事なポイントです。
店舗のイメージやターゲットに合わせた照明計画を考えると、お店の印象もアップし、お店のブランディングにも繋がります。
店舗内装デザインは照明の配置を考えながら決めることをおすすめします。

オフィスリフォームで「業務効率向上」するには

オフィスリフォームで「業務効率向上」するには

オフィスリフォームの最大の目的は「業務効率の向上」です。その目的を元に設計を立てていなければなりません。
ですのでデザインや外観云々以前に物品の配置を先に考えておき 業務効率が上がるようなレイアウトを決めておいてから 「オフィスリフォーム」をプランニングするようにしていきましょう。

「空間」環境

快適な環境づくりには「インテリア」や「家具・機器」が欠かせません。 実務的でないことから「社内で却下」されることもありますが、絵画・彫刻等の「アートワーク・植栽(社内緑化)」の導入によって 「スタッフ満足度が高まった」というケースも少なくありません。

「実務的でないもの」がスタッフに安らぎを与え、それが間接的に「生産性・品質の向上」になるなら ぜひ取り組むべき「オフィスリフォーム」の一つと言えるでしょう。

「音」環境

音は日常生活につきものですが、その性質や音の大小によって、「騒音」にも「心地よい音」にもなり得ます。
常時「無音状態」も「不快指数」を上げると言われていますが「騒音」は「集中力低下」を引き起こすため オフィス機能として音を「一定の限度以下」に「コントロール」する必要があります。

騒音対策には「吸音・遮音・マスキング」等の方法があります。「空調設計」や「レイアウト」による騒音軽減も可能です。

「光」環境

「まぶしすぎる・薄暗い」の光の極端な差があるオフィスでは「業務効率の低下」を招きます。 オフィスの照明は「蛍光灯」等の「人工光」が主役ですが、自然光も重要な要素。 オフィスの「快適な明るさ」には「自然光」が寄与していると言われています。

「太陽光・風景」はスタッフに安らぎを与え、リフレッシュさせてくれます。 採光が期待できないオフィスでは、より照明器具の選び方が重要になります。